第15話:鹿児島のイチローの回想録⑧ 「国分バッティングセンターで 50m の飛距離のテストを」

先の“ETC・千円走り”の時に、北陸道の“名立谷浜SA”で桜の花をバックに愛車ソアラを写した後に駐車場に入れて身体をほぐす為に“王さん志向バット”で素振りをしていたところ四人連れがやって来られた。

良くテレビに出されていた為か、

“あ、鹿児島ナンバーだ、鹿児島のイチローさんだよ、オイ、という調子ですぐわかりましたよ“と言われた。

なんと、元プロの選手だったという人がおられてスグ振っていた“王さん志向バット”の話になった。

自分で加工したというのが信じられないと言われたので、二本目の削る途中のバットを引っ張り出して実際にカッターナイフで中間部分を削って見せてあげたら、皆さん目をまん丸くして驚いておられた。

グリップから中間部へかけて細さを変化させることで、自由自在にバットの性格を自分の好みに変えられるのだと言ったら、元プロの人が “考えたこともありませんでした、恥ずかしいです” と言われた。

このようにして、“ETC・千円走り放題”や、燃費のテストの際に立ち寄ったバッティングセンターなどで、この「王さん志向バット」で色々と話したり、試し打ちしていた。

そんな中で最後は 、ホームランの的まで 50m の距離があって、高さも高い為に年間で 15 本しかホームランが出ていないと言われているという、久留米の“国分バッティングセンター”にこのバットの飛距離のテストに行った。

結果はマグレではあったが一本ホームランが出たことで、飛びの良さも分かり以後に大きな自信となった。

そこで、2009 年後半から、鹿児島では一番奥行きの遠い“メテオ・スーパードーム”へ本拠地を移し、この「王さん志向バット」を武器にして、若者達とのし烈な飛ばし合いが始まるのだ。

そして満を持して2010 年から「鹿児島のイチローとの一対一のホームラン対決」という、誰もやろうとはしない、またたとえやりたいと思ってもやれない、国内初のビッグイベントをメテオ・スーパードームさんのご協力のもとに開催されることになった。

そしてこの「王さん志向バット」と「 1200g 」コンビがホームランを打ちまくって、大方の予想を完全に覆して私の快進撃が続いたのだった。

目の調子のいい日、体のキレのいい日はこの「王さん志向バット」の独壇場だったが、目の調子が悪くてボールのコースの見極めが難しい日たどは詰まらされるので、飛距離は少し落ちるが“詰まっても飛ばせる 1200g”とコンビ組ませて戦い続けて、若者達との対決を常に安定した高い勝率でつき進み、若者達の羨望の目を一身に集めたのだった。

初心者からプロ野球志望者まで楽しめる 三萩野バッティングセンター
世界最速マシン、ソフトボールマシン、投球、スイング等各種スピード計測、元プロ野球選手による野球教室
※野球少年少女応援します 野球・ソフトのチーム/部活の小中学生は無料で1ゲームサービス
TEL:093-931-0608  北九州市小倉北区三萩野2-4-34(市民球場近く、三萩野病院前)
(月〜土) 11:00 AM – 10:00 PM  (日・祝)10:00 AM – 10:00 PM   年中無休

============================================
今日も記事を最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
記事を気に入っていただけたら下記バナーのクリックをお願いします ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 (野球情報ランキング)

にほんブログ村 (バッティングセンター情報ランキング)

blogmura_pvcount

コメント

タイトルとURLをコピーしました