鹿児島のイチローブログ

鹿児島のイチロー魂のぶろぐ

第29話:鹿児島のイチローの回想録㉑「今日があるのは “2kg 改造バット”による過酷な素振り鍛錬のお陰」

テレビで、“ガンと闘いながらもホームランを打ち続けている鹿児島のイチロー”というのを放映される度に、以前私とホームラン対決をしていたことのある人たちが見舞い方々よく訪ねて来られるようになっている。 懐かしい当時の話が終わると、必ずホ...全文はクリック
鹿児島のイチロー魂のぶろぐ

第28話:鹿児島のイチローの回想録⑳「アメリカ人の青年から祝福の言葉をもらったこともある」

もう何年前になるかは忘れたが、関東地方の燃費テストに行った時、時間があったので“羽村ドーム”に打ちに行った。 すると、たぶん近くの横田基地に勤務しているアメリカ兵たちの家族だと思うが、青年達五人が来ていた。 彼らは真ん中のあた...全文はクリック
鹿児島のイチロー魂のぶろぐ

第27話:“ヘッドを出せるメカニズムをもう少し詳しく” というご質問へ

“ヘッドを出す”というのはバッティングの基本の一つだと思っている。 常に私は小さな体という不利を背負いながら大きな相手との力勝負を続けて来ている。 それでも高い勝率を誇っている。 なぜか… それは、バッティングの基...全文はクリック
鹿児島のイチロー魂のぶろぐ

第26話:鹿児島のイチローの回想録⑲「20 年以上を不老の筋肉を支えている食生活」

生涯貫いた仕事が車の燃費の実験研究とそのレポート書きの為、普通の人達には理解不能な行動半径の広さ、行動時間の長さ、寝ない時は二日も三日も寝ないということが当たり前で研究に打ち込んできている。 青年期に教えを受けた師匠から “男として...全文はクリック
鹿児島のイチロー魂のぶろぐ

第25話:鹿児島のイチローの回想録⑱「スイングスピード至上主義達の目を覚ます為に130km/h を 1500g のバットで !!」

野球人達はただひたすら盲目的にスイングスピードの向上に血道をあげている。 バッティングセンターでは“打球の方向付け”が必要なので、スピードよりもスイングの正確さがモノを言うのだ。 いくら速くても、正確にとらえることが出来なけれ...全文はクリック
鹿児島のイチロー魂のぶろぐ

第24話:鹿児島のイチローの回想録⑰「“200km/h を 1400g の超重量バットでもヘッドを出せるのだ” という最強の信念を得た」

バッティングセンターでは誰しもがホームランを打ってヒーロー気分に浸りたいと思って打っている。 ところが野球と違ってホームランの範囲は極々僅かしか無いのだ。 “打球の方向づけ”という困難な技術が必要なのだ。 その為にはバッ...全文はクリック
鹿児島のイチロー魂のぶろぐ

第23話:鹿児島のイチローの回想録⑯「鹿児島の野球の為に本気で命をかけた、使用ボールの変換」

メテオドームに本拠地を移して一年経った頃、ボールの飛びがいいことが気になりだした。 軽く振ったのも簡単にさく越えしていた。 県外から私に挑戦して来るスラッガー達の、“ここのボールは飛びがいいから、ホームラン王だと言っても他所で...全文はクリック
鹿児島のイチロー魂のぶろぐ

第22話:鹿児島のイチローの回想録⑮「“ヒットの延長がホームラン”という、甘えた考え方」

“鹿児島のイチローとの一対一のホームラン対決”というイベントが開催されて半年経った頃、元ノンプロの経験があるというスラッガーが参戦して来るようになった。 “ヒットの延長がホームラン”という考えを基本にしていて、打率を上げればおのずと...全文はクリック
鹿児島のイチロー魂のぶろぐ

第21話:鹿児島のイチローの回想録⑭「理論に固執して型にこだわる指導者とのテレビ対決」

ホームラン対決イベントで、若者達を相手にしながら老人の私の勝率が高いことがテレビ関係者達に知られだすと、色々なテレビの取材が増えて来た。 そんな時、ディレクターの目に止まって私との対決相手に選ばれたのが、仕事として高校球児を...全文はクリック
鹿児島のイチロー魂のぶろぐ

第20話:鹿児島のイチローの回想録⑬「“長期間、強さを維持出来ている秘訣を教えて” と」

三年前、新型の剛力マシンが導入されたのを記念して、強者たちだけを集めた第一回の 「130km/h におけるホームラン大会」がテレビ局の収録のもとで開催された。 旧型マシンにおける私の色々な記録は全て破棄されて、新たな難しいマ...全文はクリック
タイトルとURLをコピーしました