鹿児島のイチローブログ

鹿児島のイチロー魂のぶろぐ

第115話:『ついに負けたことの無い相手に負けた』

メテオ・ドームに新型のマシンが導入された当初から 毎年二回か三回ホームラン対決していて、まだ一度も 負けたことは無く、昨年は二回対決して二回とも 引き分けていたU君に一本対三本で負けた。 彼から、“ついに勝つ時が来ました、さすがの 鹿児島の...全文はクリック
鹿児島のイチロー魂のぶろぐ

第114話:『退院後の復活第一号ホームラン』

前回の前立腺ガンとその後の膀胱結石による入院では 糖尿病の為に食べ物の制限を受けていたことなどから 体重の低下を防ぐことが出来ずに48,9kgまで落ちてしまい、 当然の結果としてパワーの低下にも悩まされた。 今回はまず第一にどうしたら体重を...全文はクリック
鹿児島のイチロー魂のぶろぐ

第113話:昨年の今ごろはコロナに罹って絶望の淵に立たされたのだった

昨年は前立腺ガンの放射線治療の最中に院内感染でコロナに 罹り、12月9日から21日まで陽性で隔離生活をさせられた。 インフルエンザと同じ闘い方をして、甘い物食って、水も良く飲ん で、激しいトレーニングをして汗をかいて毒素を追い出すように し...全文はクリック
鹿児島のイチロー魂のぶろぐ

第112話:前立腺ガンになって丸三年を生きた

私よりうんと軽かったはずの後輩二人が前立腺ガンで 僅か数か月で亡くなっている為に、発見時ステージ4で悪性だと 言われたことから、即刻死を覚悟して治療はしない事に決めた。 そして残り少ないであろう日々を遊びまわった。 しかし、死ぬどころか元気...全文はクリック
鹿児島のイチロー魂のぶろぐ

第111話:糖尿病との闘いは諦めてホームラン人生へシフト

食事療法でいくら頑張ってもヘモグロビンA1cの値は下がら なくなった。 そのあおりを食って体重が減る一方になり、ホームランを 打てなくなった。 ファンの人達が喜んで下さるホームランが打てない人生なんて 生きていても楽しくないので、糖尿病との...全文はクリック
鹿児島のイチロー魂のぶろぐ

第110話:ヘモグロビンA1cとの出口の見えない戦い

先のテレビでは現役の高校球児とホームラン対決をさせられたのだったが、 全く久しぶりのことだったので、もうめちゃくちゃ気合いが入って、かねては なかなか打てない最上段に突き刺さる大きなホームランを二本も打てて 勝利をおさめることが出来たのだっ...全文はクリック
鹿児島のイチロー魂のぶろぐ

第109話:地獄の粗食生活をしているのにA1cが9.1

神経痛や大便小便の不具合や不調の辛さから逃れる為に 食事回数を増やしたり、好きな甘い物を自由にとっていた ことからヘモグロビンA1cが10.2という数値が出た。 かかっている複数の医療関係者から治療の断りや叱りを 受けた為、食事回数を普通に...全文はクリック
鹿児島のイチロー魂のぶろぐ

第108話:復活を邪魔するA1c

前立腺ガンは一応おとなしくなっているが、その治療の後遺症には色々と苦しめられている。 体重が減った為になんとか最低限必要体重の53kgを 確保したいと思って一日に四食を食べていた。 そしてようやく53kgを保てるようになって一安心という時に...全文はクリック
鹿児島のイチロー魂のぶろぐ

第107話:「退院後もすんなりと復活することはできなかった」

慢性となった下半身の神経痛で精神的なダメージが大きくなりつつあるところに、 更にもっと精神的につらい膀胱の原因不明の障害による小便の痛みや 不調が加わって来た。 ガマン出来ないほど急激に出るかと思えば、全く出なくなって苦しむなど、 頻尿と閉...全文はクリック
鹿児島のイチロー魂のぶろぐ

第106話:「復活への足掛かりはまずパワーの安定から」

再度の入院生活で体重が 52kgまで落ちて、低め安定の状態だ。 ノーステップ打法の私にとって体重は極めて重要で 本来は60kgがベストだったのだが、年々落ちて来て 前立腺ガンの入院治療前では54kgだった。 それが入院によって、しかも院内感...全文はクリック