第一話:「一打入魂」の生き甲斐

今から20年前、62歳の時に糖尿病を発症し、医師から食事療法と何か運動をして汗を流すようにと命じられた。

車のテストとレポート書きという仕事柄、歩くのは苦手だった為に、バッティングセンターに通ってバットを振って汗を流すことにした。

野球は未経験だった為に全く打てなかったのだが、野球青年たちが手取り足取りして教えてくれた。

上: 始めたばかりのバッティングフォーム(62歳) 下: 4年後のバッティングフォーム(66歳)

やりだすと徹底的に凝る性格の為に、急激に上達して一年目には「サングリーン・ドーム」のホームラン王になった。

テレビのディレクターの人から、“鹿児島のイチロー”と名付けられ、5 年連続のホームラン王になった。

そんな時、全国のバッティングセンターを回っているという打者から“こんな狭い処でのホームラン王ではダメ、北九州に「三萩野バッティングセンター」という全国から強者が集まる名物センターがあるので、あそこでホームラン王になれたら、本物として認める”と言われた。

直ちに道場破りの旅に出て、“ホームラン王を取りに来ました”と宣言して、名物ホームラン王と激戦を繰り広げてホームラン王をもぎ取った。

これは大きな自信になって、その後度々武者修行の旅に出るようになり、少しは名の知れた打者になれた。

以来、タフさと腕力の強さを武器に、「メテオ・ドーム」という広いバッティングセンターで、若者達と力対力の真っ向勝負の戦いに没頭するようになった。

81歳の昨年、「130km/hの球速に於いて一ゲームで 7 本のホームラン」という記録も樹立した。

そして、ふと気づくと82歳間近になっている。

そして、気づくのが遅れたが、前立腺ガンに侵されて肺へも転移している。

同病の同期の人達は私より軽いのに、殆どがガンの恐怖にさいなまれていて、食事もノドを通らないとと嘆いている。

私は幸いなことに、“ホームランの記録保持者”として若者達の挑戦を受けて立つ責任があるので、ガンなどは眼中に無く、やたらと元気で過ごせている。

「一打入魂」という集中力と鍛え上げたパワーで、いまだに若者達を力づくでねじ伏せることが出来ている。若者達も真っ青の大きなホームランも打てている。(KYTテレビより)

ありがたい人生だった。

“だった”ではない、今後も“椎間板ヘルニア”という、打者にとってはガンよりも厄介な病と、命を削るガンの二つを抱えながらの戦いは続いて行くのだ。

鹿児島のイチロー

初心者からプロ野球志望者まで楽しめる 三萩野バッティングセンター
世界最速マシン、ソフトボールマシン、投球、スイング等各種スピード計測、元プロ野球選手による野球教室
※野球少年少女応援します 野球・ソフトのチーム/部活の小中学生は無料で1ゲームサービス
TEL:093-931-0608  北九州市小倉北区三萩野2-4-34(市民球場近く、三萩野病院前)
(月〜土) 11:00 AM – 10:00 PM  (日・祝)10:00 AM – 10:00 PM   年中無休

============================================
今日も記事を最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
記事を気に入っていただけたら下記バナーのクリックをお願いします ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 (野球情報ランキング)

にほんブログ村 (バッティングセンター情報ランキング)

blogmura_pvcount

コメント

タイトルとURLをコピーしました