第27話:“ヘッドを出せるメカニズムをもう少し詳しく” というご質問へ

“ヘッドを出す”というのはバッティングの基本の一つだと思っている。

常に私は小さな体という不利を背負いながら大きな相手との力勝負を続けて来ている。

それでも高い勝率を誇っている。

なぜか…

それは、バッティングの基本の一つの “ヘッドの出し方を楽にしている” からだ。

楽にしているとは、トップの位置で “ヘッドを立てている”ということだ。

だから無駄なく、スムーズに、正確に本スイングにヘッドを持って行き、そのまま加速させて正確にインパクトポイントへ持って行けるので

ホームランの数が多いし、大事な戦いでも勝っている。

もう、みんな余計なことをしているのだ。

大きなテイクバックをとって、“勢いをつけて”スイングして本スイングへ持って行っている

だから、ヘッドがプレスイングから回頭して本スイングへ移行する段階で不正確さが出るのだ。

簡単な話なのだ。

先述のようにバットは垂直に立ててトップを作ればいいのだ。

そうすれば後ろの動きが無い為に、すぐヘッドを出せるのだ。

そして本スイングに勢いをつけたい時には、前に書いたように下になっている左手首を返せばいいのだ。

“飛ばしたい”という気持ちから、ついつい大きなテイクバックをとりそのままトップを作るのだが、ヘッドを頭よりも深く入れてトップを作るのが多い。

そしてプレスイングに入ってヘッドを回頭させるが、私はトップでバットを立てているのでヘッドを回頭させる部分が無い為、高速球を 1500g バットで打ってもヘッドはすぐ出るし、インパクトポイントまでも近いので、重たいバットで振り遅れて詰まるということも無いのだ。

ただし、このトップでヘッドを止めて狙いをつけタイミングよくインパクトポイントまで持って行くには “腕力” は必要不可欠だ。

“百聞一見に如かず”という言葉があるので、130km/h の高速球を 1500g のバットで打って、19 球を打って 5 本のホームランを打っている動画があるので、コレを見ればすべての問題が解けると思う。

誰もこの 5 本の記録を抜けないままだ、ということはコレを正解として考えていいと思う。

半分のあたりからホームランを打った映像が出てくる。

バットヘッドは勢いをつけることもなく、静かに止めて狙いをつけているはずだ。

初心者からプロ野球志望者まで楽しめる 三萩野バッティングセンター
世界最速マシン、ソフトボールマシン、投球、スイング等各種スピード計測、元プロ野球選手による野球教室
※野球少年少女応援します 野球・ソフトのチーム/部活の小中学生は無料で1ゲームサービス
TEL:093-931-0608  北九州市小倉北区三萩野2-4-34(市民球場近く、三萩野病院前)
(月〜土) 11:00 AM – 10:00 PM  (日・祝)10:00 AM – 10:00 PM   年中無休

============================================
今日も記事を最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
記事を気に入っていただけたら下記バナーのクリックをお願いします ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 (野球情報ランキング)

にほんブログ村 (バッティングセンター情報ランキング)

blogmura_pvcount

コメント

タイトルとURLをコピーしました