第45話:鹿児島のイチローの回想録㊲「私の余計な一言が原因で去って行ったスラッガー」

先ごろ病院の待合室で体格のいい中年の紳士から“お久しぶりです、私の父も鹿児島のイチローさんと

同じ病気なりまして付き添いで来ました“と声を掛けられた。

全く見覚えがなくポカンとしていると、“もう11 年前になりますよね、イチローさんに三連敗した

あとに無理を言って弟子第一号にして頂いたNNです“と言われた。

(上の写真は私とホームラン対決した人達との記念写真を掲示板に張り出されていた)

“あ、思い出した、俺から説教されて半年せんうちに居なくなったよな”と言うと、“申し訳ありません

でした“と笑いながら頭を下げて詫びた。

“折角ホームラン打者の弟子が出来たと喜んでいたのによっ”と言うと、“お説教が身に応えました”と

言った。

“そんなひどい説教をした覚えは無いが“と言うと、“いえ、私には強烈なパンチでしたよ”と返して来た。

どんな説教をしていたかを聞いてみたところ、“いい体しているのに、こんなちっこい俺に三連敗だぞ、

恥ずかしくないのかと言われて、自信を無くしてしまいました。すみませんでした“と謝った。

特に、“いい体をしていて恥ずかしくないか”と言われる度にグサッときて段々とやる気をなくし

てしまいました“、と言った。

これを聞いて、知らぬ間にグサッと来るほどのひどいことを言っていたのかと、私の方が申し訳ない

ことをしてすまなかったと謝った。

相手の為を思って言っているつもりでも、技術的なこと以外は十分に気をつけて言わねばならないと、

遅まきながら、心から反省をした。

久しぶりの再会で一つ大きな勉強をさせてもらったのだった。

初心者からプロ野球志望者まで楽しめる 三萩野バッティングセンター
世界最速マシン、ソフトボールマシン、投球、スイング等各種スピード計測、元プロ野球選手による野球教室
※野球少年少女応援します 野球・ソフトのチーム/部活の小中学生は無料で1ゲームサービス
TEL:093-931-0608  北九州市小倉北区三萩野2-4-34(市民球場近く、三萩野病院前)
(月〜土) 11:00 AM – 10:00 PM  (日・祝)10:00 AM – 10:00 PM   年中無休

============================================
今日も記事を最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
記事を気に入っていただけたら下記バナーのクリックをお願いします ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 (野球情報ランキング)

にほんブログ村 (バッティングセンター情報ランキング)

blogmura_pvcount

コメント

タイトルとURLをコピーしました