第72話:鹿児島のイチローの回想録60「何らの厳しさも無かったはずなのに去って行った天才球児」

親から指導を頼まれて大事に大事に育てようとしていた、天才的な長距離打者型の球児が

「貸し与えていた素振り用のバット(一番下のバット)」を返して来ていた。

なんの挨拶も前触れも無しに。

つまり私との決別なのだ。

私はいつダメになるか分からないガン患者なので、本当はもっともっとペースを上げて

指導したかったのだが、それを押し殺してじっくりと取り掛かっていた。

「素振りの正しいやり方」以外にはなんらの厳しいことを言ったことは無かった。

ただし、「素振り」は私の全て、基本の中の基本なので、コレは私の意見を押し通している。

コレが彼にとっては厳しいと感じたのかも知れないが、今まで不服をとなえた球児は

一人も居ない。

他には何が黙って去って行くほどの理由になったのか…

当日の夜は一睡もできず、メシも食う気にもなれず悶々として過ごしたが、

他の指導を頼まれている球児達のことを考えて、

この去って行った球児のことは忘れることにした。

しかし、言いようの無い寂しさと、煮えくり返る怒りの気持ちだ。

今回の原因は父親の軟弱な精神構造にあることは確かだ。

男として大事な事は、たとえ息子から嫌われたとしても、キチンと躾ておくべきなのだ。

この球児はこの先の益々厳しくなって行く男の世界を、いちいち逃げ回って過ごして行かねば

ならないのは目に見えている。

哀れだ。

全ては父親の責任なのだ。

初心者からプロ野球志望者まで楽しめる 三萩野バッティングセンター
世界最速マシン、ソフトボールマシン、投球、スイング等各種スピード計測、元プロ野球選手による野球教室
※野球少年少女応援します 野球・ソフトのチーム/部活の小中学生は無料で1ゲームサービス
TEL:093-931-0608  北九州市小倉北区三萩野2-4-34(市民球場近く、三萩野病院前)
(月〜土) 11:00 AM – 10:00 PM  (日・祝)10:00 AM – 10:00 PM   年中無休

============================================
今日も記事を最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
記事を気に入っていただけたら下記バナーのクリックをお願いします ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 (野球情報ランキング)

にほんブログ村 (バッティングセンター情報ランキング)

blogmura_pvcount

コメント

タイトルとURLをコピーしました