第11話:鹿児島のイチローの回想録④「熱烈なイチロー選手のファンにあおられて“戦いの鬼”と化して行く」

イチロー選手が 9 年連続の“ 200 本安打”を達成したのと同じく、

私も 9 年連続の“バッティングセンターのホームラン王”になった為にメディアに大きく取り上げられた。

このことから、熱烈なイチロー選手のファン達から、“たかがバッティングセンターのホームラン王ごときで…”

と嫌みを言われるようになり、次第にそれがエスカレートして行き、

“23m のホームラン王と但し書きを入れろ”、とまで言われるようになった。

売られた喧嘩を買う為に、2009 年目の半ばから奥行きが 35m と遠くて、ホームランゾーンも倍の高さの 8m になる

“メテオスーパードーム”に本拠を移すことにした。

ホームランを打つ為には、単純に倍以上の力を必要とされるわけだ。

主力を担うバットの重さは 1200g 台になった。

写真は上から 1200g 、 1260g 、 1430g の、いずれも“超・トップバランス”の頭の重たいバットだ。

そしてコレらを振り回しながら、文字通り力任せに若者達をねじ伏せ続けた。

その一つが、メテオドームでは「鹿児島のイチローとの一対一のホームラン対決」というイベントを

一年三か月の間にわたって開催して下さり、私が 338 勝 138 敗  88 引き分けという記録が残っている。

このことによって、熱烈なイチロー選手のファン達によるクレームや嫌がらせを完全に払しょくすることが出来た。

その後もイチロー選手が何かの記録を作る度に、私はテレビ局から“祝砲として三本のホームランを打って”

と言われ、イチロー選手が引退したその日まで、何度も何度も、“三本のホームラン”を打たされ続けた。

この日は祝砲としての三本に加えて、責任を果たせた喜びから思い切り振りぬいた一撃は、テレビの喜ぶ

最上段に飛び込む“特大ホームラン”となったのだった。

この、いつ、何どき言って来られるかは分からない、“三本の祝砲”の為に、常に厳しい素振り鍛錬を続ける必要があった。

お陰で、歳とって老化して行くはずなのに、逆にパワーはアップの一途をたどり続け、82 歳の今日でもパンチ力に

関しては全くカゲリを見せることが無いという、“あり得ない状態”にある。

(次回へ続く)

初心者からプロ野球志望者まで楽しめる 三萩野バッティングセンター
世界最速マシン、ソフトボールマシン、投球、スイング等各種スピード計測、元プロ野球選手による野球教室
※野球少年少女応援します 野球・ソフトのチーム/部活の小中学生は無料で1ゲームサービス
TEL:093-931-0608  北九州市小倉北区三萩野2-4-34(市民球場近く、三萩野病院前)
(月〜土) 11:00 AM – 10:00 PM  (日・祝)10:00 AM – 10:00 PM   年中無休

============================================
今日も記事を最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
記事を気に入っていただけたら下記バナーのクリックをお願いします ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 (野球情報ランキング)

にほんブログ村 (バッティングセンター情報ランキング)

blogmura_pvcount

コメント

タイトルとURLをコピーしました