第62話:鹿児島のイチローの回想録53「ビヨンドマックスバットのNO1の使い手AN君の想い出」

私は“飛ぶバット”は大嫌いなのだ。

自分の力、技量で飛ばすべきだと思っている。

そんな私がメテオドームを本拠地とし始めた頃からの長いライバルで、テレビでも

一度一緒に出されたことのあるAN君という、飛ぶバットの“ビヨンドマックス”を操って

常に高打率を誇っていた野球青年がいた。

この写真のビヨンドマックスよりもう少し固めになったモデルを愛好していた。

敢えて飛びにくい竹製バットで打つ私と、お互いの主義主張で激論を飛ばしあったものだった。

ホームラン対決では私が 5 勝 3 敗で勝っているのだが、テレビでの初の“打率対決”では

ヒット性打球が、彼が 11 本対8 本で私が負けている。

とにかく対決の終わった後の議論が白熱して楽しかった。

他のスラッガー達とも打ち合いを終えると、深夜営業のファミレスで夜が明けるまでバッティング

談義に花咲かせていたのだが、彼とは徹夜になることも度々あった。

しかし、彼が三十歳を超えたあたりから仕事もご両親の介護も忙しくなって

月に一度か二度しか会えなくなっていた。

そして、今回の“オミクロン”の感染力の高さから、少しでもご両親への感染を防ぐ為にと、

ご両親の故郷の高知県へ住まいを戻されて介護をされることになった。

鹿児島に住みたいと言われ、私も安い売り家探しを手伝ったこともあったほどなので、

凄く寂しい気持ちだ。

新型コロナのせいで次々に好敵手たちが離れて行っている。

どんなに憎んでもあきたらない程に憎たらしい新型コロナである。

初心者からプロ野球志望者まで楽しめる 三萩野バッティングセンター
世界最速マシン、ソフトボールマシン、投球、スイング等各種スピード計測、元プロ野球選手による野球教室
※野球少年少女応援します 野球・ソフトのチーム/部活の小中学生は無料で1ゲームサービス
TEL:093-931-0608  北九州市小倉北区三萩野2-4-34(市民球場近く、三萩野病院前)
(月〜土) 11:00 AM – 10:00 PM  (日・祝)10:00 AM – 10:00 PM   年中無休

============================================
今日も記事を最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
記事を気に入っていただけたら下記バナーのクリックをお願いします ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 (野球情報ランキング)

にほんブログ村 (バッティングセンター情報ランキング)

blogmura_pvcount

コメント

タイトルとURLをコピーしました