第75話:鹿児島のイチローの回想録63「昨年の今日はガンの治療法決定に怯えたのだった」

私の昨年の今日(4 月 14 日)のブログを見てみると…

…………………………………………………………………………………………………………………

昨夜は、明日からは自由という二文字は無いので、あれもやっておこう、

これもやっておこうと思うためになかなか寝付けず、

それに今後どうなって行くのかが心配で眠れず、徹夜同然の状態だった。

その為、目の調子も悪く今日はボールは見えないかも知れないと思いながらメテオドームに行った。

ローテ日だったが、時間帯がいつもより早かったこともあって、常連だけでなく、

他の客も誰も来ていなくてシーンとしていた。

目の調子は良くないワ、静まりかえっているワで、有終の美を飾って昨日同様に

ホームランを打ちまくろうと思っていた気持ちが萎えてしまった。

それでも、ホームランの打ち納になるかも知れないので、ここは気合を入れてかからねば

と思いながらの初球なんと、カスリもしない空振りをしてしまった。

前日までとは違ってアドレナリンがさっぱり湧いて来ない。

必死なつもりで打つのだが、なんだか集中しきれないまま半分ほど凡打の連続が続いた。

半ば過ぎた頃、ようやく一本の中段へのホームランが出た。

ヨシこれで調子を取り戻せるゾと気持ちが上向いて来た。

が、やはり何か気合いが空回りしている感じが続いた。

そして、その一本のままで終わってしまった。

最終ゲームなのにひどい不完全燃焼のままだった。

明日は何を言われるんだろう、どうなるんだろうか、という不安が

心の底にあった為だと思う。

最後のここ一番だったのに集中力を絞り切れなかったのだ。

情けない。

悔しい限りだ。

実にもって残念無念の極みだ。

……………………………………………………………………………………

と、以上がブログに書いてある。

そして、一年後の今日 4 14 日はどうなっているかというと、

ファンの青年の見ている前で 1400g の超・重量バット」を振り回して

最上段に突き刺さる特大の一発を含んで三本のホームランを打って見せることができた。

前立腺ガンは発見時は四人の同期生の中では一番悪くて、“ステージだ”

と言われたのだったが、ホルモン療法のお陰で今のところガンは大人しくしていて、

ホームラン人生を邪魔しないでいてくれているのだ。

大きな一発を見ていた青年が “本当にガンなんですか、信じられないパワーですよねー”と

あきれ返ったという顔をして言っていた。

初心者からプロ野球志望者まで楽しめる 三萩野バッティングセンター
世界最速マシン、ソフトボールマシン、投球、スイング等各種スピード計測、元プロ野球選手による野球教室
※野球少年少女応援します 野球・ソフトのチーム/部活の小中学生は無料で1ゲームサービス
TEL:093-931-0608  北九州市小倉北区三萩野2-4-34(市民球場近く、三萩野病院前)
(月〜土) 11:00 AM – 10:00 PM  (日・祝)10:00 AM – 10:00 PM   年中無休

============================================
今日も記事を最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
記事を気に入っていただけたら下記バナーのクリックをお願いします ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 (野球情報ランキング)

にほんブログ村 (バッティングセンター情報ランキング)

blogmura_pvcount

コメント

タイトルとURLをコピーしました