第76話:「またまた大谷選手のマネして打てなくなっている球児達」

このところ大谷選手の活躍が報じられる機会が増えるごとに、球児達の中に

大谷選手のアッパースイングをマネして打てなくなっている者が増えている。

大谷選手は一流の中の一流なのだ。

普通のバッターにはとてもマネできるものではないワザなのだ。

そこに至るまでには死ぬよりもつらい努力が必要なのだ。

見ていると、“飛ばしたい”、“飛ばしたい”という意識が先走る為に、インパクトの

かなり前の段階から前の膝をガンッと突っ張って打っている。

並みのバッターがやると、不正確なスイングになってしまいがちなのだ。

ボールの高低差は大きいので、コレに対応する為には前のひざには柔軟性を

持たせておかねばボールをとらえることが難しくなるのだ。

だから私は前のひざは突っ張らないように気を付けている。

それに加えて、写真の左から右のように、ボールの高低に合わせて上体を折って対応して、

なるべくバットが立ってしまわないように、水平に近づくようにして打っている。

 だから若者達りも高いホームラン率を誇ることが出来ているのだ。

球児達もど素人の私の打ち方をマネした方が打てるようになっている。

大谷選手のアッパースイングをマネしたくなったら、一度じっくり考えてからにして

欲しいと思っている。

初心者からプロ野球志望者まで楽しめる 三萩野バッティングセンター
世界最速マシン、ソフトボールマシン、投球、スイング等各種スピード計測、元プロ野球選手による野球教室
※野球少年少女応援します 野球・ソフトのチーム/部活の小中学生は無料で1ゲームサービス
TEL:093-931-0608  北九州市小倉北区三萩野2-4-34(市民球場近く、三萩野病院前)
(月〜土) 11:00 AM – 10:00 PM  (日・祝)10:00 AM – 10:00 PM   年中無休

============================================
今日も記事を最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
記事を気に入っていただけたら下記バナーのクリックをお願いします ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 (野球情報ランキング)

にほんブログ村 (バッティングセンター情報ランキング)

blogmura_pvcount

コメント

タイトルとURLをコピーしました