第81話:鹿児島のイチローの回想録69「偏狭ゆえに私の指導をさける父コーチ達」

私が他の球児達をコーチしているところを見て、“僕もお願いします”と言ってくる球児が

後を絶たない。

私は“来る者拒まず、去る者追わず”という主義で球児達と付き合ってきている。

そんな中でせっかく私のアドバイスを聞いたのに、父親コーチが私の言うことは聞くなと

言ったことから、せっかく上向いたバッティングが急激な下降線をたどって、ついには野球を

やめてしまった例や、木製バットの使い方を教えたのに、そんなことには拘る必要は無いと言って

そのまま打たせて、せっかく買ってやったバットを一ゲームも打たずに折られてしまったのや、

トスバッティングは狭い打席内では危ないよと注意したのに、“余計な口ははさまないでくれ”と

言ったトタンに球児の打った打球が顔面を直撃して周りの人達の看病を招いたのがある。

これらはすべて、自分の息子が父親の自分よりも鹿児島のイチローという私に尊敬の目を向けている

のを面白くないと思っている、偏狭な心の持ち主ゆえのことなのだ。

自分の大事な息子が前途に希望を抱きつつ、好きな野球をやって行こうとしているのに、

自分の感情を優先して息子の夢をつんでしまっているのだ。

これは私が打っているところを見ている球児達だが、こんな場面にも偏狭な父親コーチは息子に

“あんなのには近づくな”、というので、離れた処から淋しそうにこっちをみているのだ。

こういう度量の狭い父親を持った息子は本当に可哀そうだ。

なんとかしてやりたいのだが…

初心者からプロ野球志望者まで楽しめる 三萩野バッティングセンター
世界最速マシン、ソフトボールマシン、投球、スイング等各種スピード計測、元プロ野球選手による野球教室
※野球少年少女応援します 野球・ソフトのチーム/部活の小中学生は無料で1ゲームサービス
TEL:093-931-0608  北九州市小倉北区三萩野2-4-34(市民球場近く、三萩野病院前)
(月〜土) 11:00 AM – 10:00 PM  (日・祝)10:00 AM – 10:00 PM   年中無休

============================================
今日も記事を最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
記事を気に入っていただけたら下記バナーのクリックをお願いします ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 (野球情報ランキング)

にほんブログ村 (バッティングセンター情報ランキング)

blogmura_pvcount

コメント

タイトルとURLをコピーしました