第34話:鹿児島のイチローの回想録㉖「三萩野バッティングセンターでの第一号は…」

全国のバッティングセンターを打ちながら旅しているという人から、“こんな狭いところでホームラン王といっても井の中の蛙ですよ、三萩野バッティングセンターで打てるようでなければ真のホームラン王とはいえないですよ”、とけしかけられてすぐその日の夜中に“三萩野バッティングセンター”へ走った。

そして三ゲーム目の半分くらい打った時にホームランファンファーレが鳴った。

マネージャーのM さんが場内に来られて、“今ホームランを打たれたのはどなたですかー”と言われた。

周りの人達は私を指さしたが、私は手を振って辞退した。

なぜなら、的を釣っているワイヤーに当たって鳴ったからだ。

周りの人達は鳴りさえすればホームランですよと、言ったが、第一号は的に直接当てたかったので、お礼だけ言ってそのまま帰った。

そしてしばらく後に、“ホームラン王を獲りに行きたいのですが、どこかしばらく逗留出来る処を探して下さいませんか”、というまことに厚かましい手紙を出した。

すると大変なお忙しさにもかかわらず、自転車で通える私の予算に合う安くて住み心地の良いウイークリーマンションを探して下さった。

それに加えて電動自転車まで用意した下さったのだ。

“道場荒らし同然の男なのに”、と、頭の下がる思いだった。

そして、地元のホームラン王の方と激烈な戦いになったが、終盤に逆転して、“ホームラン王を獲りに来ました”という公約を果たすことが出来たのだった。

その時に戴いたトロフィーと表彰の盾だ。

 

これが大きな自信となって以後、燃費テストで立ち寄った先にバッティングセンターがあったら、道場破りみたいなマネをするようになった。結構あちこちでホームランを打った為、長野のバッティングセンターでは、“二、三日逗留してホームラン王を獲って行って下さいよ”と言われたこともあった

そして、この三萩野バッティングセンターでのテレビ取材でのホームラン第一号は、私の“鹿児島のイチロー”の名付け親のK さんのMBC テレビだった。

ホームラン的の、右上の四角の的の上部(ちょっと黒くなっている)を直撃した快心のホームランだった。

以後地元の福岡のテレビにも何度か出されている。

初心者からプロ野球志望者まで楽しめる 三萩野バッティングセンター
世界最速マシン、ソフトボールマシン、投球、スイング等各種スピード計測、元プロ野球選手による野球教室
※野球少年少女応援します 野球・ソフトのチーム/部活の小中学生は無料で1ゲームサービス
TEL:093-931-0608  北九州市小倉北区三萩野2-4-34(市民球場近く、三萩野病院前)
(月〜土) 11:00 AM – 10:00 PM  (日・祝)10:00 AM – 10:00 PM   年中無休

============================================
今日も記事を最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
記事を気に入っていただけたら下記バナーのクリックをお願いします ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 (野球情報ランキング)

にほんブログ村 (バッティングセンター情報ランキング)

blogmura_pvcount

コメント

タイトルとURLをコピーしました